でぶかあさんの まけてたまるか

アクセスカウンタ

zoom RSS 泣きっ面に かぜ

<<   作成日時 : 2012/03/24 23:05   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

ひょえーーーっ

と、心の中で叫びながらも、

どーーしようーーー

と、あわてながらも、

妙に冷静に していたらしき ワタクシ。


「あんた、もう いらないから」   

と、お話をいただいたその日の夕方には、
スーパーの3分間写真の箱の中で、
最高の「真面目」顔を、駆使?し、証明写真をとり、
100均にて、書き損じ対応OK の履歴書用紙のみ20枚入りをゲットし、
就職活動準備に 「形」だけは、突進!!

でも、実際は、

ひょえーーーっ

状態なので、「うちに帰って一応、荒れてみよう」と、
お酒も購入。  


…が、 熱出して、寝ていた。
荒れることもできないのか… くそっ…

布団かぶって寝て、次の日は、必死の通勤。
体が、震えるのは、風邪のせい。
泪がたまるのも、風邪のせい…
決して、雇い止めのせいじゃない… 

しかし、翌日は、ダウン。

一体、いつ、職安に行けって言うのさ。
かわりに、這いながら、医者に行ったら、
な、なんと、インフルエンザB型。

 えぇーー、インフルですかっ? なぜに、B型?
 次男は、A型だったから、うつったわけではないし。
 おまけに、今頃……
 誰が、うつしやがったんだよ、この私に…
 職場に行って、うつさしてやるっ (むりっ)
 いや、前日にうつしてやったかも??

とても、移動できる状態ではなく、
再び、這いながら自宅に。

思いもかけずに、高熱にうなされ、
薬も飲みにいけない。
40度突破記念に、やったぜと、思い切って、
処方された 「ロキソニン」注入??に成功。
狭い我が家なのに、台所までの道のりは、険しかった。

常備薬が鎮痛剤のワタクシ。 効くのか? いつ効くのだ?
と、思っていたが、意識を失いかけたころ、
大量の汗がぁぁぁぁ (あぁ、臭そうではないかっ)
びしょびしょになったパジャマを着替えたいよぉーー
と、泣きながら、布団の中で唸っていたら、
パジャマが渇いたころ、絶好調にっ!!

すげーー、処方薬 ロキソニン様 市販薬との差を感じるわぁ〜

たった、2度ほど下がっても、絶好調!! (38度)
台所で、歌だって、歌えるしぃ〜♪ るんラらるンらら♪

そうよっ、すべてが夢だったのよ… と、現実逃避。

が、転がっていた 「この顔を見たら110番」 のような証明写真。
現実を目の当たりにし、
熱がぶり返す… の繰り返しで、
今年のインフルエンザB型は、 手ごわかったと、言うべきでしょう。
予防接種をケチったばかりに、この有様さぁ。
次男の小児科の先生の言葉、
(予防接種していたから、軽く済むから)
正しかったわけね。 当然だけど。

あぁ、手のかかる次男の世話も、せねばならず。
母一人、子一人の生活の厳しさを、風邪をひいて知るわけで。
(長男よ、お前の抜けた穴は大きかった)
マスクして、顔をそむけて、フラフラの母は、
自分が食べる気になれない、テキトーーな料理を、
愛する我が子のために作るわけで。
(絶対にうつすもんか、だって、私が困るしぃ)

そういえば、同じフロアの方、お子さんがインフルエンザだと言って、
一日だけ、仕事をお休みになったけど、
次からは、おばあちゃんが、急遽、召集され
代わりに付き添いになってもらって出勤されてた。
仕事熱心だなぁ〜 と、思われたけど、
別に、私だって、不熱心なわけじゃないんだけど、
他に人がいないわけでね。
でも、こんなの雇う側にしたら、迷惑だよなぁ。
クビにも、なるか…

ま、今回は、自分がインフルエンザで、久々の重体ーー
だもんなぁ。

悶々と、布団かぶって、寝ていたけど、
ロクな事を考えないわけでね。

40度超えの体温計を見た時は、
次男に気づかれずに、肺炎になってポックリ逝ったら、どーーしよーってね。

でも、このまま、インフルエンザで死んだ方がいいんじゃね?
なんて、思ったりして。
1年前の震災のことを考えると、
軽々しく、絶対に思っちゃならないことなんだけど、
そんなことまで、思ってしまった。

ロクなことじゃねぇ。 残していけないでしょ。
じゃ、一緒に! なんて、 ね。 
あぁ、駄目じゃないか。ばかやろー。

長男から、お気楽なメールが、枕元の携帯に届けば、
長男の生活も見られなくなっちゃうんだよな。
奴も、バイト探し、苦労しているしなぁ。

「長男に大学辞めさせる」 か、
「私が死んで、わずかな保険金を得る」方がいいか…
究極?の二択じゃん。
長男を大学辞めさせるくらいなら、私がいなくなったほうが良いよなぁ〜
なんて、思っちゃったりしながら、
熱出して、うなっていたわけで。

もっともっと、ロクでもないことを山ほど思って、
最後は、夢だったらいいのになぁ… ってね。

あの通達貰った時、泣き叫べば、少しは、状況が変わったかな?
まぁ、無理でしょ、 無理だけど、そのほうが、なんだか良かったんじゃない?
物わかりのよいふりなんて、しないでね。
そうすりゃ、 ひょえーーっ  って、表に出せて、すっきり? する…
訳ないか。。

なんつーーか、不謹慎ではあるけれど、
ちょっと、ほんのちょっとだけど、以前、秋葉原で起こった事件
ほんのちょっとだけど、そして、大分感覚は違うけど、
「なんか、わかるかも」って、思うんだよね。

私の場合は、派遣切りでも何でもない、
ただの… ただの 雇い止め だしさ。

最初から、期待持たせる「更新」の可能性なんか、契約書に書くなよって、思うけど、
あくまでも、可能性だしね。
そりゃ、雇う側の都合のよいようになっているわけだし。

雇い止めでも、ひょへーーーっと、「途方に暮れる」 

そんなことで、あぁ、もう、生きていけないかもって思えてしまうような、
雇用状況。

でも、きる方は、会社のために、簡単にね、簡単に、切れるんだよね。

わかってるし、その「簡単に切りたい」から、派遣 なんだし。

わかっているけど、わかっているけど。



でも、風邪をひいて、布団かぶっていても、
やはり、生きていたいんだろうかな?
と、自分を思うわけで。

働かなきゃ、仕事をさがさなきゃ !!


職場復帰した時に、
「おでぶさん、仕事休んで、就職活動していたと思ったわぁ」
などと、いわれ。  … えぇ、布団かぶって、うなっていましたわよ。

職場は、内示があり、早くも、送別会の話でわいていて、
「絶対に出てね」 などと。
 欠席ですわよ、失業する人が、笑って送られてもねぇ〜
 いえ、実は、次男を夜一人にしておけないという理由で。
 この時ほど、断りやすくて、良かったかな?

周りは、4月の話を平然とするし、歓迎会の話も出るし、
はぁ、当然と言えば、当然だけど、
病み上がりの「心」には、ちょっと、きついんだよなぁ。

あ、誰もインフルエンザにかかってなかった。
それだけは、良かったな。 うつしてなくて。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
泣きっ面に かぜ でぶかあさんの まけてたまるか/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる