でぶかあさんの まけてたまるか

アクセスカウンタ

zoom RSS 生活保護 埋没ダメ 給付基準下げに危機感

<<   作成日時 : 2012/12/11 00:28   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

あーーー、昨日の記事を書いてて、
そうよっ、選挙の季節よ
と、思ったわけなのよ。

以前は、選挙といえば…   報道関係の夜通しのバイト を入れてたのね。

確かに、もう、年齢的に、報道側としても、裏の方に押しやりたいだろうし、
(体型もかぁ…  まあ、裏の仕事もあるにはあるからいいんだけど)
次男を深夜一人で家において出かける勇気もないし、
(長男が抜けた穴は大きい)
ある程度、当確が決まるまでの仕事で、空が白んでくるまで、
いわゆる残業したときは、嬉しかったりして。
(時間外が加算されるからねぇ)
そのままハイのまま、寝ないで通常勤務よぉーー

開票までに、ある程度読める選挙は、ちぇっ(-。 -; ) みたいな…

マネキンをせっせとやり始めたら、選挙だろうが、なんだろうが、
仕事が入ったから、よほど、仕事がない時くらいしか受けなくなったけど。

あぁ、私にとっちゃ、選挙だって、お仕事なのよ… 
明日の日本よりも、今日の晩飯? 次男の鉛筆代? って感じかな。


でも、今年は、堂々とした、「いいわけ」なのでしてね。
一応、お役所で働かせていただいているから、
誓約書どおり、アルバイトはしておりませんでっせ。
(これが、自分の首を絞めているんだけど)


まあ、とにかく、少しは、政治に関心?を持つべきだろーよ

と、考えた時、はたと気づいたわけで。

そう、我が家は、テレビを見ない!!(見れないのではないと言い張ってみる)
ゆえに、政見放送なんて、楽しい番組を見ることができない。
ついでに、新聞もとってないから、おもしろい広報も届かない。

あらぁーー、忘れたわぁーー。 (ふざけんな)

団地の前の小さな公園前には、ポスターが貼ってあるけどね。
「誰?」 状態。

街頭での演説などのんびり聞いている間もなく、出勤し、帰宅を急ぐ身。


あらぁーー、大丈夫よ、ネットがあるじゃないの
と、ニュースをポチポチ
こんなんで、いいのかなぁーーと、思う次第。

で、またしても、こんなニュースに引っかかっちゃった。

生活保護 埋没ダメ 給付基準下げに危機感   2012年12月6日 東京新聞 朝刊  
 生活保護の利用者が、衆院選の行方に危機感を強めている。門戸を狭める政府の見直しは中断したが、民主や自民など、保護費を抑える政党の主張が目立つからだ。制度の利用を線引きする基準が下がれば、最低賃金など他の低所得者の制度にも影響するが、ほとんど話題にならない。利用者らは、「重要な争点なのに」「命の最低ラインを下げないで」と訴える。 (橋本誠)
 「私たちの声を聞いてください」「最低限の生活を保障しろ」
 五日夜、冷え込む東京・永田町の歩道。生活保護見直しに反対する利用者や支援者が、国会や首相官邸に向かって声を上げた。財務省前でも「生活保護基準切り下げ反対」と訴えた。
 今でも、利用者の生活はぎりぎりだ。先月下旬、東京・永田町で開かれた「全国生活と健康を守る会連合会」と厚生労働省との交渉に出席した毛利吉彦さん(78)=福岡県=は「近所付き合いもできない」と訴えた。「お茶に誘われても断らなくてはならず、香典も出せない」というのが理由だ。
 家賃三万円のアパートで、病気がちな妻と二人暮らし。二〇〇四年三月、脳梗塞で倒れ、三十年以上勤めた会社を解雇された。直後、四十五歳の息子が肺がんで他界。蓄えを治療につぎ込んでいたため、生活保護に頼るしかなくなった。小泉改革で月約一万八千円の老齢加算が廃止に。朝食は食パン一枚という。
 政府の見直し案では、働ける年齢層には「就労支援」の強化が叫ばれている。札幌市内のシングルマザー(31)は「働きたくても仕事がないんです」と訴える。二人目の子の妊娠で、生活保護を受給。産後一カ月で就労指導を受けたが、子どもがいるだけで面接さえ受けられない企業が多かった。
 新宿区の男性(42)は、これまで首相官邸前などの抗議行動に参加した。五年前、日雇い派遣先の仕事が無くなり、生活保護を受けるようになった。「貧困のことを知っている政治家に頑張ってほしい」と願う。


ごめん、みんな暇… いや、違う 一生懸命なのね。
でもさ、なんだか、「悪意」を感じる記事なのよ。
なんだか、この文章の裏側に、低所得者どおしで、叩きあいさせようとしているようなね。
おきまりのワーキングプアvs勝ち組 生活保護 ?? みたいな。
いえ、まじめに描かれているのであれば、記者の方、ごめんなさい。

まじめに働いていたのに、蓄えを残せなかったなんて言うのは、
私もそうだったから、よくわかるの。
私の場合は、自業自得にはいるのだけどね。
でも、なんだろ、お年寄りはともかく、こんな事している暇があったら、
ワタシだったら、どこかで、バイト探しているわ。
ちゃんとした仕事がないのは、わかってる。
だから、みんな大変なのは、わかるけど、
とりあえず、バイトでもいいから、仕事を捜さなくちゃな。

きっと、奥さんが倒れたから、ご主人だけでは、介護も家事もでぎず、
高い弁当なんかを買っているんだろうな。
それとも、保険のきかない治療費が莫大なんだろうか?  とか
(あ、でも70歳まで会社員だったわけよね… 羨ましいっす。
そりゃ解雇じゃなくて、普通に定年じゃないかしら?
いや、厚生年金は、どうしたの?)
シングルマザーで二人目妊娠中に?
二人目の子どもができた直後に、旦那さんが他界したのだろうか?  とか
(あ、そうだったら遺族年金があるか?)
日雇い派遣の仕事がなく… あぁ、わかります。
でも、病気ではないわけ? 5年も? いや、きっと、病気なのよ… とか。
(あ、5年前って、37歳よね… その後5年間って?)

この人たち、生活保護基準1倍の収入なんだよね。
生活保護基準0.4倍の私の倍の収入+α(医療費扶助とかいろいろ免除)なんだよね。

いや、実際、私が低収入過ぎるのは、わかっている。
フルタイムで働いて、休日は、日雇い派遣、請負してね。
(最近は、しっかりとさぼってはいるけれど)
それでも、0.5倍にはいかなかったしね。

だから、きっと、「健康で文化的な生活」には、ほど遠いわけで、
自分がダメなのは、わかっているのよ。
こんな低い収入が悪いってことぐらい…ね。

ただ、ひがみも混ざって、「何、贅沢言ってんの?」と、思ってしまうの。
彼らの利益は、正当な金額なのだけど、
私自身がおかしいのは、わかってはいるのだけど、
なんだか、なんだかな。
これでも頻繁ではないけど、香奠は払っているし、きちんと付き合いもしているんだけど。

最後の最後のセーフティーネットであるはずだもの。
できれば、額を下げて、もっと多くの人が、頼れるものにしてもらえないだろうか。
今以上の生活(生活保護基準1倍)でなくてもいい。
健康で文化的でなくても、「生きていける最低限」でいい。


今、自分が働けなくなって、子どもたちを養えなくなったら、
今の収入程度の援助をしてもらえればいいと思う。(生活保護基準の半額以下)
別に、贅沢できなくていい、でも、それなりに、暮らしていけてるから。
(医療費扶助はアテにするかな?)

まあ、それを人に押し付けちゃならないんだけど、
私は、毎日、ステーキ食べる必要もないんだし。
なんて、思う私は、弱者に厳しい、底辺の負け組… かな。

まあ、今現在、仕事はあるし、どうにか?健康だからね。
でも、明日は、どうなるかわからないから、
現実問題、4月からは、きっぱり無職だしね。

社会保障は、大切よ。 自力で頑張れ!!なんて、
言われても、無理な場合だってあるし。
だって、一日、24時間しかないんだもの。
そうなったら、「自分」は、あきらめるよ。
でも、子どもたち、未成年の次男だけは、どうにかしてもらえないか。
だから、最後の最後まで、必死になって、働くから、だから、だから
子どもたちが安心して、将来の希望を語ることができる
そんな世の中であってほしいと、ね、願うのよ。

限りあるお金なんだもの、自分さえよけりゃいいなんて、
子どもをもった親世代は、思っていないんだよね。
程度の差はあるんだろうけど。
若い人たちが生活できないなんてどうよ?と、思う。
支えてくれているはずの世代が、先に倒れてしまっても。
まして、私は、子どもたちに何も残せないバカ親だしね。

せめて、少しでも、良い社会にしてもらいたいと。

ああ、結局、ひがんで、ちっとも、政治の話じゃないじゃないの。

ひがみと愚痴で生きている 私 には、政治の話なんて、無理だったわ。
(´0ノ`*)オーホッホッホ!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
生活保護 埋没ダメ 給付基準下げに危機感 でぶかあさんの まけてたまるか/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる