でぶかあさんの まけてたまるか

アクセスカウンタ

zoom RSS 小6殺害容疑で母親逮捕 小学校卒業式の朝…

<<   作成日時 : 2013/03/24 05:05   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

22日、多くの小学校では、卒業式が行われた。

うちの次男も、卒業した。
そんな記事を書こうと思っていたのだけど……

自宅で長男を殺害、容疑の33歳母親逮捕  読売新聞3月23日(土)8時14分
 福島県警二本松署は23日、同県二本松市油井、無職渡辺みゆき容疑者(33)を殺人の疑いで逮捕した。
 発表によると、渡辺容疑者は22日午前6時頃、自宅で長男の小学6年生青空(せいら)君(12)を殺害した疑い。同日午後8時5分頃、同署に「子供を殺した」と出頭。自宅に駆け付けた同署員が、寝室の布団の上で死んでいる青空君を発見した。首には絞められたような跡があった。
 渡辺容疑者は青空君と2人暮らしだった。


6年生の男児を実母が殺害。す゜っと育てていたのに、どうしてこの日を選んだのだろう。
どうして、実行してしまったのだろう。

他新聞の記事、
小6殺害容疑で母親逮捕 小学校卒業式の朝…
 福島県二本松市の自宅アパートで小学6年の長男(12)を殺害したとして、二本松署は23日、殺人の疑いで母親の無職渡辺みゆき容疑者(33)を逮捕した。
 逮捕容疑は22日午前6時ごろ、長男青空君を殺害した疑い。
 二本松署によると、渡辺容疑者は「首を絞めて殺した。自分も死のうと思った」と容疑を認めており、動機を調べている。青空君は22日が卒業式だった。
 渡辺容疑者は青空君と2人暮らしで、22日午後8時5分ごろ、同署に「子どもを殺した」と自首。警察官が寝室の布団の上で死亡している青空君を発見した。
 青空君は司法解剖の結果、ひも状のもので絞められたことによる窒息死。首のほかには、目立った外傷はないという。
 県教育委員会や青空君が通っていた市立油井小によると、青空君は事件前日の21日も通常通り登校し、22日の卒業式を楽しみにしていた。卒業式を欠席したため、学校側が電話をかけたり訪問したりしたが、応答がなかったという。
 昨年12月の担任との個別面談では、渡辺容疑者に変わった様子は見られず、子育てに関する相談などもなかった。
 伊藤雅裕校長は「おとなしい子どもだった。衝撃的で言葉が出ない。卒業証書を渡したかった」と話した。
 現場はJR二本松駅から約3キロの住宅街で、近所の男性(78)は「仲が悪いようには見えなかったが、母親はここ1週間くらい悩んでいる様子だった。事件が起きる前になんとかできなかったのか」と話していた。
.[ 2013年3月23日 12:37 スポニチ ]


続報
福島・小6殺害:「生活苦しく…」逮捕の母親供述
毎日新聞 2013年03月23日 22時18分(最終更新 03月23日 23時04分) 
長男を殺害したとして殺人容疑で逮捕された福島県二本松市油井の無職、渡辺みゆき容疑者(33)が「生活が苦しく、子どもと一緒に死のうと思った」と供述していることが23日、県警二本松署への取材で分かった。
 同署によると、司法解剖の結果、殺害された小学6年生の青空(せいら)君(12)の死因は、首をひものようなもので絞められたことによる窒息死だった。市教委によると、給食費の滞納はこれまでなかった。

更に続報(追加) 記事内容が重複けど…
母親が小6長男殺害容疑 二本松署逮捕 卒業式の朝「自分も死のうと」
 22日に福島県二本松市油井のアパートで、油井小6年の渡辺青空(せいら)君(12)が遺体で見つかった事件で、二本松署は23日午前6時半ごろ、殺人の疑いで同居する母親の無職渡辺みゆき容疑者(33)を逮捕した。
 同署の調べでは、渡辺容疑者は22日午前6時ごろ、アパート2階の自宅で、長男の青空君の首をひも状のもので絞めて殺害した疑い。捜査関係者によると、容疑を認め「自分も死のうと思った」などと供述しているという。渡辺容疑者と青空君は二人暮らし。22日は青空君の通う油井小の卒業式だった。
 同署によると、渡辺容疑者は22日午後8時5分ごろ、同署に「子どもを殺した」と自首してきた。署員が自宅の室内を調べたところ、寝室の布団の上で死亡している青空君を発見した。
 23日に福島医大法医学講座で司法解剖した結果、死因は頸部(けいぶ)圧迫による窒息だった。他に目立った外傷はなかったという。同署は24日午前に送検し、詳しい動機などを調べる。
 同校によると、22日に青空君が登校して来なかったため、卒業式の前後に教員が電話をかけ、アパートを訪ねたが応答がなかったという。式後には卒業証書を持って訪問していた。
 現場は閑静な住宅街の一角で、油井小から道路を挟んで約10メートルの距離にある。
■母親「生活苦しい」
 関係者や周辺住民によると、渡辺容疑者は青空君が小学校に入学する前の平成18年2月にアパートに入居した。家賃の滞納や遅延はなかったとみられるが、近年になって「生活が苦しく、自治会費が払えない」と話していたこともあったという。渡辺容疑者は授業参観やPTA活動には参加せず、近所付き合いもほとんどなかったという。
 近所に住む男性(83)は「この地域に40年近く住んでいるが、殺人が起こったことは聞いたこともなかった。本当に驚いた」と語った。
 学校関係者の話では、昨年12月に渡辺容疑者が学級担任との個別面談に臨んだ際に、特に変わった様子はなく子育てに関する相談などもなかった。
■校長「卒業証書渡したかった」
 油井小によると、青空君は事件前日の21日も普段通りに登校し、卒業式の予行練習に参加していた。卒業式を心待ちにしているようだったという。伊藤雅裕校長は「あまりに衝撃的で言葉も出ない。直接、卒業証書を渡したかった」と声を落とした。
 青空君の印象について同級生の男子児童は「普段はおとなしい性格に思えた」と話した。学校が配布した卒業生を紹介する広報紙で青空君は、将来の夢について「油圧ショベルの運転手か、ホイールローダーの運転手になる」と書いていた。
 2013/03/24 10:00 福島民報



これはないだろう。
なんでだろう。

卒業式の練習もしてただろう。
卒業証書授与…の練習もしていただろう。
… 楽しみにしていただろうに、 亡くなった子が哀れでたまらない。

こんな罪を犯してしまう、母親の気持ちなど、わかりたくもない。
わかってたまるものか…

でも、でも……
ものすごくわかるんだ。
悲しいくらいに、わかるんだ。
いや、真実なんか、わからないけど、想像できてしまうんだ。

ただ、その行動に移る前に、子供の笑顔を
子どもの声に 接したかどうかの違いなんだろうか。
まだ、冷静な自分がいることの違いなんだろうか。

わが子が、一番大切なのは、みんな同じなのに。
生活が苦しくても、そうでなくても、みんな同じなのに。

なにも考えずに、子どもの成長を歓び、これからの成長を祈る
ただ、それだけの、そして、それほどの日のはずなのに、
こんなこと、あっちゃならないよ…

ちゃんと、給食費は払っていたから、
たぶん、まじめな人なのかもしれないけど、
滞納しちゃえば、手を差し伸べてもらえたかもしれないと、
悔やまれる。
どうにかなっちゃえば、救われたかもしれないのに…

確かに、ぎりぎりになるまで、何もしてはもらえないんだろうけど。
それは、私もわかっているけど。

なんだろう。 ここまで、懸命に育てたんだもの。
あともう少し、頑張れば…と。 
これ以上、がんばれないところまで、来てしまったのかもしれないけど、

あぁ、何も言えない。 ああ、どうしてなんだろう。

どうしてなんだろう。
とても、悔しい。


謹んで、ご冥福をお祈りします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小6殺害容疑で母親逮捕 小学校卒業式の朝… でぶかあさんの まけてたまるか/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる