でぶかあさんの まけてたまるか

アクセスカウンタ

zoom RSS 生活保護費、「大学進学」の貯金容認

<<   作成日時 : 2013/05/25 02:53   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 15 / トラックバック 3 / コメント 6

あら? 気づくと、5月じゃないのぉーー

しかも、2/3すぎちゃってるし。
GWなどのイベント(ごろ寝)?も過ぎて、もう5月も終わり。
一体何やってんのかというと… 相も変わらず、 
たらりららーん♪ ┬|ョ゚д゚`)。oO(意味不明)
でしてね。
もー、嫌って感じだったりして。
まあ、一応、とりあえず、どうにか… 平和ですわ。


さて、一週間ほど前のこと。
私は、新聞記事を切っていた…  ??


そんな朝、視界が悪く、濃霧注意報か、PM2.5?注意報か…
とか、いう朝。 ( ̄。 ̄)ホーーォ。

私は、またしても、役所の臨時のおばさん をしているわけで、
今回の職場では、朝、仕事が始まる前に、新聞の切り抜き担当となったのてして。
(去年は、ぎりぎりの出勤だったので、視界の悪い中、必死の通勤!!)

で、目に留まったのが、こんな記事。

生活保護費、「大学進学」の貯金容認 厚労省が通知へ 2013/5/13 20:42
 厚生労働省は生活保護受給者が子供の大学進学のために保護費を貯金することを認める方針だ。近く全国の自治体に通知する。現在は明確な決まりがなく、自治体によって容認するかどうかばらつきがあった。保護費の貯金は高額な生活必需品を購入する場合などを除き制限されてきたが、受給世帯の子供が経済的に自立できるように後押しすることにした。
 厚労省によると、生活保護世帯の世帯主のうち4分の1が過去の出身世帯でも生活保護を受けていた。「貧困の連鎖」を断ち切るためには教育が重要とみて、確実に就職や資格取得につながる場合は貯金を認める。ぜいたく品などへの流用を防ぐため、事前に自治体の福祉事務所の職員が子供や保護者と面会する。
 保護費のほか、子供自身が稼いだアルバイト代の貯金も認める。ただし進学後は子供は受給世帯から自立してもらい、保護費の計算外になる。
 政府は8月から生活保護の基準額を3年で6.5%削減する。子供のいる世帯ほど引き下げ幅は大きくなるため、一部で教育への影響を懸念する声があった。たとえば都市部に住む40代夫婦と子2人(小・中学生)の世帯では、2万円減る。


またまた、ひがみ満載の「生活保護」関連ニュース。
ごめんなさい、えぇ、ひがんでますわぁーー。

最初に浮かんだのが、 「あーー、ずるーい」 だもの。

国がそうするのであって、生活保護受給者の方々が、
そうしてくれって言ってんじゃないんだから、
ずるいも何もないんだけどね。
でも、ずるい。 ずるすぎるって思うのは、
私が、生活保護以下の生活をしているからなのね。
( ̄‥ ̄)=3 フン
そうよ、私が悪いのよっ。
稼ぎが悪くて、ごめんなさいね。でも、フルタイムで、働いてんだけどねーー。

でもさ、なんだろ。
18歳なのよ。18歳まで、引き上げてもらってんのよね。
本来ならば、義務教育はすでにおわってんのよ。
健康であれば、働けるわけでね。
その子が、高校を卒業して、
今度は、保護を受けていた、家族を国に代わって、扶養すべきなのよ。
今まで、働けない保護者の代わりに国に養ってもらっていたわけだから。

なんて、今の子供や親には、きついよなぁーーとは、思うけど、
常識ではそうなんだよね。
でも、そんな世の中ではないというわけよね。
高校卒業したら、「生活保護から外れなくちゃならない」と、言うのが、
『大変』なことらしいけど、普通は、働くんだから、
当然じゃないのかしらね?  私って、冷たいよね。 うん。


まあ、我が家も、おバカな長男を大学にやっているし、
えぇ、私も次男も、カツカツの生活だわ。
まあ、いつものことだけど。


だから、就職先がないってこともあるし、
「子ども」の夢や希望があれば、大学進学もありかもしれない。

その子供が、実際は、親に養われていようが、国に養われていようが、
関係ないんだと思う。
望めば、大学進学も叶えられるようにならなくてはいけないと、思う。
親の経済状況などは、子どもには、関係ないのだからね。


でも、保護費の中から、貯金 は、ないだろう。
学資保険だって、認められているのすら、ずるいと思うもの。
だって、保護費だよ。 最低限の生活のためじゃなくって?

何のための奨学金なのよ。
そのためには、奨学金があるわけじゃないの。
旧育英会だけではなくて、地方自治体でも多く奨学制度はあるし、
我が家は、そのお世話になってはいるのだけどね。

確かに、今は、奨学金の返済ができない子供たちも多くいるという。
それは、そうだけど、経済的に苦しい子供たちの
就学の希望を叶えるためのもので、奨学金の受給幅を広げることが大切で、
義務教育ではないのだから、卒業後は、返済するべきものだと思う。

大学進学の機会は、親の経済力に関係なく、与えられるべきだ。
ただ、義務教育ではないのだから、借金であって、与えられるものじゃない。

新聞を前に、 およよ… 状態の私に、
隣の席の職員さんが、覗き込んで一言。

「(少ない生活保護費なんだから )貯められるわけないのにね」

と。 苦労に苦労を重ねている方々に、ひどく同情しての一言。

あらま、優しいのね。 すかざす、

「いーえ、余裕で貯められますわ。(保護費の)半額は、大丈夫でしょう」

と、声を大にして訴えてしまった。
そうよ、生活保護基準0.4倍の私にしてみりゃ、
生活保護を受けていたら、単純に今の倍の収入があるわけで、
今までどおりの生活をしていたら、半分は、貯蓄に回せるもの。

 そー、余裕で貯蓄できますわよっ おほほ♪(*´ノO`)

まー、ちょっとは、贅沢するかもしれないから、6割とは言わないけど。
税金だってかかんないわけでしょうしね。


そうなの、はっきり言ってひがんでいるのね。
羨ましいのね。

生活に余裕のある人は、結構、「優しい」んだと思う。
同情しているというかね。

で、私?のような低所得者は、「厳しい」んだとおもう。
だって、もっと少ない収入でやりくりして、
社会保険料も税金もわずかながら払ってんだもの。
余裕の生活ではないし、とても「健康で文化的」とは言い難いのかもしれないけど、
とりあえずは、衣食住は、ありがたいことに、不自由してない。
毎日、ステーキな生活ではないにしろ。(古いギャグ)
悔しかったら、生活保護をうけたら? なんて、思うけど、
とりあえずは、健康で働けているし、食べていけてるから、
今は、その時ではないと思っている。
もっと、もっと、生活できなくなったときに、最後の命綱として、残しておいてほしい。
そんな時は、倍の生活なんか望んじゃいないと思う。
今の生活(生活保護基準の半分以下)よりも、
低くても仕方ないかな?なんて、思うけど…


最初にずるいって思ったのは、受給者の方に対してではなくて、
国に対して。

私たち(なぜ複数?)は、ありがたいことに、働けてはいるけれど、
それこそ必死になって、選り好みせずに、仕事を捜して、そして、
苦労して、頑張って、少ない収入で生活しているの。
でも、その中で、一番大切な子供たちのために、できるだけのことをしてあげたいのよ。
それは、どんな親だって、同じ思いだと思う。


で、私が長男にしたのは、… してあげられたのは、「奨学金」
などの借金。

それしかしてあげられなかった。

結局、それって、長男が背負う借金なわけでね。

貧乏人は、貧乏人の子どもは、スタート時点から、マイナスなわけなのよ。
でも、義務教育じゃないから、仕方ないって思うわけでね。

だから、貧困の連鎖を断ち切ろうっていうのかな?

ただね、いつも思うけど、手を差し伸べてもらえた人たちばかり、救われている?
みたいなね。
ぎりぎりの(ギリギリ以下だけど)ものは、
差し伸べられた手の指の隙間から、零れ落ちている者たちは、
結局は、ひがんでおしまい。
羨んでおしまいなわけなんだよね。

えぇ、少ない保護費から「節約して節約して」貯金したのは、えらいんでしょう?
でも、貯金できるだけの保護費をもらっている「はず」はないんだから、
せっかく支援しているのに、生活の質を落とされたんじゃ、本末転倒だし、
子供を大学に行かせたかったら、「生活の質をおとす」ことを、おカミがススメ ているような感じだしね。

で、貯金できた生活保護世帯の子どもたちは、奨学金も少なめに?
計画的な親だったら、借金なしで、卒業できたりするのかな?
保護費をためたお金で、大学へ行けることになるんだよね。

なのに、うちの子どもたちは、卒業後は、多額の返済が待っているわけなんだよね。
それはそれで、納得していたのだけど、
(;゚д゚)ェ. . . . . . .  貯金できなかった、親の私が悪いわけ?(うん、その通りだけど…)

やはり、おカミのやることは、ずるいよね。

いや、本当は、こんなことで、ひがんでちゃいけないんだろうけとでね。
うちのような貧乏人の子どもでも、望めば、安心して、
学べる機会を与えられるようにすべきなんだと思うの。
そのための奨学金で、就学に対する姿勢によっては、何らかの優遇があってもいいし。
(今現在もあるじゃないの? もっと多くする?とか?)


んーーー、結局は、自分の子どものことしか考えていない?
うん、そうだと思う。
自分がふがいないことを棚に上げて… ね。

ただ、おカミから貯金できるほどもらって、溜めたそれで、大学いかせんの?
それをおカミが推奨しているわけ?

ワーキングプアの子どもらは、どうなるのかな?
どうにか進学できたとしても、バイトまみれで、
卒業できたとしても、借金まみれ。 
それでも、学校に行けたんだからと思うしかない?
同じ子供なのに、その差は?なんだろ。 なんなんだろ。


ごめん。やはり、ひがんでる。
カッコ悪いな…
生活に余裕のある「優しい」人にもなれないしね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ バッグ
生活保護費、「大学進学」の貯金容認 でぶかあさんの まけてたまるか/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ バッグ
2013/07/06 23:50
プラダ トート
生活保護費、「大学進学」の貯金容認 でぶかあさんの まけてたまるか/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ トート
2013/07/07 17:58
プラダ 店舗
生活保護費、「大学進学」の貯金容認 でぶかあさんの まけてたまるか/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ 店舗
2013/07/07 18:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
極論だと、生活保護の子供は、奨学金などの借金なしで、大学に行けたりするわけですね。
こんにちは
2013/06/01 10:12
こんにちはさん
ようこそおいでくださいました。
確かに、大学の授業料など、全部貯蓄できたら、そうなるんでしょうね。
できたらの話ですけど。
貧乏人の子どもは、奨学金&国民年金 の返済が卒業後にもれなく待っているというのに。
ただ、貯蓄できる余裕がある訳ないはずで…
どうなのでしょうね。
でぶかあさん
2013/06/26 03:58
あなたの考え方を完全否定はしません。しかしそのお考えはあくまでも生活保護を受けなければならなくなったのは本人だけの責任では無く現在の社会背景が多分に影響している事を忘れてはいけません。政府が湯水の様に税金を使い国民に重い負担を強いて来たから社会福祉へのお金さえ無駄使いなんて事を国民に思わせるように仕向けて来ただけです。外国に支援をするお金が有るなら自国民の貧しい人々を支援するのに回すのが当たり前なのです。それをひがむなどもってのほかだと私は考えます。それは一種の差別だと私は考えます。憲法で最低限度の生活は保障されています。保護を受けている方を差別してはいけません。もし不満をお持ちならばその矛先は政府に向けるのが妥当だと私は考えますが如何でしょうか。
真実の人
2013/10/07 08:55
真実の人さん
ようこそ、こんな愚痴ブログにお越しくださいました。
返事が遅くなって、申し訳ありません。
生活保護に関しては、たぶん、あなたのおっしゃる通りなのでしょう。
社会保障費は打出の小槌ではないと思います。が、限られた税金の用途についてはその通りなのでしょう。
ただ、費用が潤沢にあったとしても、保護費は多すぎる場合もある、と思います。単純に金額についてだけのニュースが多いので目に付いてしまうわけなのですが、生活全般、例えば家計管理などの支援で十分我が家程度の収入でもやっていけると思います。
また、ひがむことは、相手への差別になるんでしょうか?
実際、私の生活環境においては、保護世帯の方々が多いですが、差別などは特にありませんし、していません。
私自身、明日はわが身の状態ですので、最後の最後の命綱だと思っています。だからこそ、へんな報道のされ方には疑問に思います。
こちらは、愚痴の吐き場所なので、お目汚し 申し訳なく思います。
でぶかあさん
2013/11/10 16:31
本当に国は酷いですよね、国会で居眠りばかりで何やってんのかもわからんような議員に月100万以上も払って、退職したら保護費の何倍もの国会議員年金を死ぬまで支払ってあげるんですもんね。

東電の失態も被って税金使って、でも東電社員はボーナスがでてるおかしさ。

子供は国の財産なんだから、税金は子育てしてる世帯にもっとお金を回すべきだと思います。

私は保護費減らされても元々もっと低い水準で生活していたので全然平気ですが(むしろ前より余裕ある位です)、保護費が最低賃金の基準になっているので、下がり続けるとしたら保護から抜け出して働いて行くとなった時にさらに厳しい環境になるんだろなと思うと憂鬱です。
あと周りに保護を受けてる方がおられるとのことでご存知かもしれませんが、ケースワーカーとは名ばかりの福祉課の担当者(というか実際資格のある人は少ない)に当たってしまった場合は、ストレスのはけ口に人格を否定されたり罵倒されたり、差別発言をされたり、およそ福祉とはほど遠いような悲惨な目に遭うこともあるので(実体験)、
「プライバシーもない、自分の意志は無視される、およそまともな人間扱いをされず見下されバカにされても刃向かえば支給打ち切りと脅されても、自活できない自分が悪いのだから仕方ない」
って諦めつく位ひっ迫するまでは耐えた方が良いだろうなと思います。自分の意志では引っ越しができないので、担当者が部署移動しない限りずーっとその人ですからね。。
通りすがりの保護受給者
2013/12/13 01:59
通りすがりの保護受給者さん
お返事遅くなり申し訳ありません。
いろいろと嫌な思いをされているんですね。
通りすがりの保護受給者さんのように、
ぎりぎりになって、やっと受給できた人が、ほとんどだと思っていますが、
マスコミが出している方たちって、どうなの?って
思います。
実際にそんな人たちいるのかな?と、思いつつも、私の周りにも、ちらほらと…
でも、内情なんて、わからないですものね。
ホント、子供たちに、せめて、子供だけでいいから、
公平な機会が与えられればいいのにな、
と、願っています。
お体を大切にしてくださいね。
でぶかあさん
2014/04/01 00:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
生活保護費、「大学進学」の貯金容認 でぶかあさんの まけてたまるか/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる