でぶかあさんの まけてたまるか

アクセスカウンタ

zoom RSS 「生活苦しく」 女性司書、中学図書室の3000冊転売

<<   作成日時 : 2013/06/26 03:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

あら? 気づくと、6月じゃないのぉーー


ほんっと、年を取ると時間がたつのは、早いっていうか、
相変わらず、バタバタしているというか…

さて、1か月ほど前のニュース

「生活苦しく」 女性司書、中学図書室の3000冊転売
2013.5.31 00:07 [窃盗・ひったくり]  
新潟市立小須戸中学校の図書室にあった本約3千冊(550万円相当)を古本屋に転売して生活費に充てたとして、市教育委員会は30日、図書館司書の40代女性を、窃盗容疑で新潟県警秋葉署に告訴した。
 市教委によると、女性は「生活が苦しかった。何冊売っていくらになったか分からない」と、転売したことを認めている。図書室の本であることを示すラベルを貼らず、複数の古本屋に分けて売っていた。
 女性は平成20年4月から今年3月まで臨時職員として同校に勤務していた。この5年間に学校が購入した4800冊のうち約3千冊が見当たらないという。
 今年4月、24年度に購入された506冊のうち500冊がないことを後任の司書が不審に思い、発覚した。他の教諭や生徒は本がないことに気付かなかったという。


実のところ、『あらふぃふ の 就活事情』などと、題して、
今回の 不毛な就活の振り返りを書いていたのよ。

で、この記事。

いわゆる 役所 の非常勤(臨時職員)について… なんだけどね。
そんなこんなが、何となく、かぶるっていうか。


いや、立派な犯罪、というか、泥棒だよね。
なんていうか、子供たちの本を売り払っちゃ、いけないよね。
本が好きで、子どもが好きで、司書という職に就いたのじゃないのかな?
罪については、言語道断なんだけどね。
まあ… 24年度506冊中500冊をうっちゃったわけ? 
(550万円相当とはいっても、新冊でも買い取りだと、1/10くらいなんだろうな)
それに、気づかない方もどうかしているよね。
何か、狂っていたのかな? 生活とか、思考が…

ただ、このブログ的には、別のサイドから…

そう、 「生活が苦しかった。」 から、罪を犯したってこと。
犯罪を犯した人の多くの理由もこの言葉だといえるけど、
だからと言って、許されるわけはないけど。
ただ、実のところ、『臨時職』についている私も、ビビッときたわけなの。

別の記事によれば、
時給820円、一日6時間勤務で、
学期ごとの更新(ゆえに、夏休み中は無収入)、
交通費は、一律一日200円支給とか。
おまけに兼業厳禁。
この地域では、学校図書館の司書は、9割程度、臨時職員とのこと。
収入は月10万円以下はザラだったらしい。
ただ、職態(休みが多いとか)が悪く、本人が更新を希望していたにもかかわらず、
学校側は、教委に更新の申し出をしなかったらしい。
で、新しく来た司書さんによって、この事件が発覚したわけとのこと。


いわゆる就活期間の今年1月から3月。
焦りと悲壮感漂う中、よく頑張ったとほめてあげたい、くらい。
本当に、今の世の中、 「私」のようなものには、職がなかった。
いや、たぶん選ばなければあったかもしれない。
(パートとかアルバイトとか)
ただ、一日、24時間しかなくて、その中で、
子どもたちを食べさせていけるだけの収入となると、限られてくるわけで。
ついでに、自分が、24時間寝ないで、働ける自信もなく、
(せめて3-4時間は寝たい)
3か所、4か所と仕事を掛け持ちできる能力もないことはわかっていたから、
(せめて、2か所…かな)    なんて思っての就活。
だから、ますます厳しいものになってくるわけで。

その中に、教育委員会からの非正規の図書館司書の募集があった。
司書・司書教諭の資格は、学生時代取っただけで、ペーパー司書だけど、
応募資格だけはあるし、かまっていられない状態だったので、
とりあえず受験。
バカにしてる?状態の試験が多い中、しっかりとした学科試験に適性検査。
後日、二次試験の面接と、もったいぶった試験だったから、
まあ、いつものように最後に落とされるわけねぇー なんて、当てにしないでいたら、
なんと、合格!!  へ? Σ(・ω・ノ)ノえっ! って感じ。
ベテラン風の紳士やお嬢様がたくさん受験に来ていたのよ。
結果、大量採用したらしいけどね。

で、私が受けたのは、学校図書館司書と公立図書館司書のどちらかに配属されて、
週30時間勤務の賃金月14万円弱、社保加入。兼業、当然禁止。 
まあ、手取りでは11万円いかないんだろうな、と。

 派遣時代よりは、はるかに厳しいかも… 
 でも、仕事がないよりは、マシだよねぇ…
 うーーん、生活厳しいよなぁ…

と、思いつつも、「仕事がないよりマシ」で、ほか受からなければ、
そこだよなぁーー、と、悩んでいた。
1年ごとの更新、更新を重ねれば、60歳までは働けるだろうとのこと。
まして、かつて(大昔)、あこがれていた職業だったわけで
図書館でのお仕事に魅力を感じないわけはなく、(不安もね)
生活を取るか、やりがいを取るか、他がなければ仕方なくだけど、
どうしようか… なんて、受かってから、「人知れず」悩んでいた。

で。結局、今の臨時職も受かったので、こっちの方がフルタイムだから、
若干、手取りは良いわけで(時給に換算すると低いけど)、
やりがいを取るか、目先の期限付きの臨時を取るか。
で、すごく悩んだ末に、目先の収入をとって、今に至る… と、言うわけだけど。
でも、ずっと、ぐずぐずと後悔もしていた。

結局、司書という「臨時」職は、
どこでも、「いいとこの奥様かお嬢様」の仕事なのかな?と。
こんなに仕事がない時代だから、生活が懸かっている人も就いてはいるけれど、
いわゆる、「103万円の壁」の中に居たい人たちが就く、
こぎれい(実際は肉体労働だけど)な仕事なわけで、
「生活が苦しい」なんて、言わないでいられる人たちの仕事なんだと思う。
時間が短いけど、学校図書館勤務だと、
時間外という認識のない先生方にあわせて、サービス残業も多いらしい。
それでも、好きだからと、やってくれている、志の高い人たちのお仕事なんだと思う。
所詮、私のようなものには、無理な仕事だったんだと、あきらめ切れた。


今回の就活も、3か月の期間での日給5000円程度の臨時職員の募集
(「緊急雇用なんちゃらかんちゃら」 福島からの被災者優先)
って、これだったのかしら?
 復興予算流用問題
 
<復興予算>1000億円返還要請へ 未執行分を通達  毎日新聞 6月22日(土)2時31分配信
 東日本大震災の復興予算が自治体などの「基金」を通じて復興と関係の薄い事業で使われた問題で、財務省と復興庁は21日、まだ使われていない約1000億円について、予算執行の見合わせと国への返還を求める方針を固めた。一度配分した予算を執行前に返還させるのは極めて異例。両省庁は、基金を所管する各省庁の閣僚に通知し、各閣僚が自治体などに対し返還要請する。
 財務省と復興庁は、2011年度第3次補正予算と12年度当初予算で全国の自治体や公益法人に基金として配分した計1兆1570億円が、被災地再生とかけ離れた事業に使われた可能性があるとして実態調査を進めてきた。
 関係者によると、16基金23事業の計1兆1570億円のうち、約1兆142億円が5月末時点で執行済みや契約済みなどで、返還を求めるのが難しい状態だったという。ただ、財務省などは残り1400億円超は対応が可能と判断、このうち約1000億円の返還を求め、残る約400億円については使い道を被災地や被災者に対する事業に限定するよう求める。要請に法的拘束力はないが、問題視された経緯を考慮して自治体側は応じるとみている。
 基金を通じた流用を巡っては、厚生労働省の「震災等緊急雇用対応事業」をもとに、山口県がゆるキャラ「ちょるる」を使った観光PRで、11年度に約1400万円を支出して男女20人を雇用。12年度は約2300万円を支出して男女74人を雇用した。山口県によると、延べ94人のうち被災者はゼロだった。
 復興予算全体でも、一部が反捕鯨団体対策費などに流用されていたことが昨年発覚。民主党政権時代の昨年11月、各省庁の復興予算事業を見直し、実施されていなかった35事業168億円を被災地と関連性が薄いとして凍結した。だが、基金分は国の管理を離れていたため、凍結対象とはしていなかった。
 安倍晋三首相は先月の参院決算委員会で「(財務省と復興庁の調査)結果を踏まえて、執行を見合わせること等も含め、適切に対処していく」と答弁していた。
.

どちらにせよ、賃金が低すぎてね。
福島の人の応募は少なかったらしく、仕事がないおじさん、おばさん 
または、リタイヤしたおじさんや、いいとこの奥様方 の応募で締め切られた模様。

次、仕事がなければ、応募しなくちゃなぁーーなんて、思っていたけれど、
このニュースによると、次は、ないかもね。

あらふぃふ 就活は、 また、次回もあります。 ちぇっ(-。 -; )

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「生活苦しく」 女性司書、中学図書室の3000冊転売 でぶかあさんの まけてたまるか/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる